府・市の連携で実現

淀川区十八条と吹田市江の木町を結ぶ榎木橋の歩道に車道への転落を防ぐ安全柵がこのほど取り付けられました。車道の舗装改修も同時に完成し、加治木一彦府議と杉田忠裕市議、三浦寿子府議(吹田市選出)と井上真佐美吹田市議が地域の人たちと現地を視察しました。
もとは加治木府議のところに寄せられた「歩道上ですれ違う際、車道側だと危ないと感じる」との声が始まりでした。橋を管理する府茨木土木事務所に改善の要望を伝え、管理費用を折半している大阪市に対しては杉田市議が働きかけていました。
十八条にスーパーマーケットができたため、橋を通行する歩行者や自転車も増えているそうで、「安全柵ができてよかったです」との声をいただいています。

20140403

20140403-1